Sunny Side Story

『劇団SST』のブログです。

もしかして、神様だったかも

04-10-03_23-23.jpg昔、アルバイトをしていた頃、確かまだ大学生だったかもしれない。同僚に雨が降ると「傘がないので休みます」と、ちゃんと連絡して休む奴がいた。つぎはぎだらけの汚いジーパンを履き、風呂には年に数回しか入らないと豪語していた。確かに、多少臭かった。それなのに女の子と同棲しているらしかった。その彼女も風呂に入らないのかどうか聞きたくて仕方なかったが、何となく聞きそびれてしまった。というか、彼にはそんな俗っぽい事は聞けないような、得も言われぬ神々しさがあった。
続きを読む

最近では、電車の中でも歩きながらでも平気で物を食べる。ファーストフードの普及が日本人の食意識を変えたのだろうが、自分の中にはそれに対してまだまだ抵抗感がある。親の躾は大切だとしみじみ思う。電車の中でパンを食べている女性が手で千切っては口へ運んでいる。「物を食べる前には必ず手を洗いなさい」私は親からそう言われて育った。あの女性の両親もそのくらいの事は言っただろう。彼女はどこかで手を洗ったのかもしれない。でも、パン屑を平気でパラパラこぼすのは良くないよ。

この夏、し忘れたこと

夜、住宅街の道で花火をやっている家族がいた。夏の残りをやってしまおうというのだろう。それとも、夏に花火をやるのが恒例の家で、この夏は何かの理由で延期になっていたのかもしれない。
この夏にし忘れた事。
この夏は利賀演出家コンクールに参加した。全国の演劇バカが、八月、富山県利賀村に集まる。初参加だったが、いい経験になった。もう少し納得行く演出ブランと、ラストの仕掛けが徹底していたら。今回し忘れた事、出来なかった事は数々ある。それは次回(?)に生かそう。そうそう、この夏スイカとトウモロコシを食べ忘れた!

カテゴリ別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ