Sunny Side Story

『劇団SST』のブログです。

どうしてやろうか

歩道を歩いていて、後ろから自転車のベルが聞こえても聞こえないふりをする。「どけどけ!」としか聞こえないからだ。口があるのだから言葉でコミニュケーションを取って欲しい。前から来て何も言わずにスレスレの所をすり抜けて行こうとする自転車にはわざとぶつかって勢い良くはね飛ばす。勿論、ぶつかったところは痛い。でもはねとばされた自転車はガードレールを跳び越え、車道へ飛び出し、乗ってた奴は車にひかれて重傷。駆け付けたお巡りさんがそいつに言う。「歩道を偉そうに走ってたあんたが悪い!」。
電車の割り込みは服の後ろを掴んで引き摺り降ろす。電車の座席に座って足を投げ出してる奴がいたら、足を踏み付けるか蹴飛ばすかする。ヘッドホーンの音漏れはコードをハサミでちょんぎる。携帯で大声で話してる奴がいたら、携帯を取り上げ、車窓から投げ捨てる。そいつが文句を言ったら、そいつもついでに投げ捨てる。車掌が駆けて来て、「良くやった!」と言い、乗客からは拍手が沸き起こる。僕は「名乗る程の者じゃありません」と言って、千歳船橋で降りる。
今、私はそんな人間になりたい。
注:前記の幾つかはすでに実行している。

漫画

漫画は当然サブカルチャーだ。考え方が古いのかもしれないが、電車の中などで大の大人がどうどうと漫画を読むのはどうかなと思う。決して漫画が嫌いなのではなく、勿論否定している訳でもない。でも、やはり中年のサラリーマンまでもが仕事カバンから漫画雑誌を取り出して、鼻の穴をほじくりながら夢中になって読んでいる姿を見ると、思わず溜め息が出てしまう。
それはそうと、電車の中で鼻をほじくる人間がいかに多いことか。いったいどういう事なんだろう。

助成金説明会

04-10-05_13-25.jpg昨日の写真。駒場エミナース。
カテゴリ別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ